NIPTについて

(新型出生前検査)

当院でNIPTが受けられるようになりました

NIPT(非侵襲性出生前遺伝学的検査)は新型出生前検査とも呼ばれ、妊婦さんの血液を用いて胎児の遺伝情報を調べるものです。

ひと昔前では考えられなかったこのような検査が、遺伝医学の進歩により実現しました。そして2022年9月、当院がNIPTを行える医療機関として日本医学会に認定され、みなさまに検査を提供できることとなりました。

NIPTは外来で血液検査を受けていただき、あとは結果が出るまで2週間ほどお待ちいただきます。「とりあえず検査を受けておけば安心かな」「赤ちゃんのためには受けたほうがいいよね」「費用はかかるけど、赤ちゃんの健康にはかえられないから」。このようにNIPTを受けようと考えられる方もいらっしゃると思います。これから先の出産、そしてその先の未来を真剣に考えれば、検査に関心を持たれるのも自然なことですね。

しかしここで少し冷静に考えてみましょう。検査結果によっては、それがお腹の中の赤ちゃんの一生を左右するものであることはもちろんのこと、妊婦さんとそのご家族に及ぶ影響も大きなものとなります。したがってNIPTを受けるにあたっては、ご夫婦(カップル)が検査を正しく理解する必要があります。そのためには、臨床遺伝専門医や遺伝カウンセラーにより行われる検査前後の遺伝カウンセリングが必要不可欠です。

遺伝カウンセリング4つのポイント

  1. 検査の目的は何か
  2. 検査の意義とそれがもたらす様々な影響にはどのようなものがあるか
  3. 結果をどのように解釈すべきか
  4. 結果を受けてどのように行動すべきか

当院の遺伝カウンセリングでは、ご夫婦(カップル)が自律的に判断できるよう適切なサポートを行いながら、妊娠・出産にのぞむ皆様の不安な気持ちに寄り添い、より良い医療を提供したいと考えております。

検査の詳細

検査時期

妊娠11週~14週前半

検査対象

  • 当院で妊婦健診を受けられる方に限ります。
  • 年齢は問いません。
  • 染色体疾患(21/18/13 トリソミー)に対する不安が強い方
  • 胎児に染色体疾患(21/18/13 トリソミー)の可能性をエコーで指摘された場合
  • ご夫婦のいずれかにロバートソン転座がある場合

費用

  • 検査前遺伝カウンセリング(必須) 5,500円(税込)
  • NIPT検査 74,800円(税込)
  • 検査後遺伝カウンセリング(結果説明) 2,200円(税込)

遺伝カウンセリング予約について

  • 遺伝カウンセリングは妊娠9週~13週に受けていただきます。
  • 分娩予定日がお決まりになり次第、遺伝カウンセリングの予約をお取りいただけます。
  • 金曜日14時~17時(完全予約制)
  • お電話でのご予約もお受けしております。

【自宅での準備】
遺伝カウンセリング前に「事前学習動画」のご視聴(約20分)をお勧めしております。
(GeneTech株式会社提供)

当日の流れ

予約時間10分前までにご夫婦(カップル)でご来院ください。
※予約時間に遅れた場合には、遺伝カウンセリングを行えない場合があります。
検査前カウンセリングは45分、検査後カウンセリングは15分程度です。カウンセリングの結果、検査を行わないという判断を選択することも可能です。(その場合、検査費用はかかりません)

血液検査

月曜日~木曜日の午前中
遺伝カウンセリング後に予約をお取りになり、予約日午前中の診療時間内にご来院ください。
約2週間後の検査後遺伝カウンセリングで結果をご説明いたします。

当院は日本医学会によりNIPT連携施設に認証されています。

●日本医学会 出生前検査認証制度等運営委員会

banner_syussan
banner_sanka
banner_syonika
banner_fujinka