ピルの価格改定と処方について

7月4日よりジェネリック薬であるラベルフィーユ(3相性のピル)とファボワール(1相性のピル)の価格を2273円(税込み2500円)と価格の引き下げをしております。トリキュラー、アンジュ、(3相性のピル)、マーベロン(1相性のピル)については従来通り3000円(税込み3300円)です。トリキュラー、アンジュ、マーベロンよりラベルフィーユ、ファボワールに変更希望があれば担当医へ申し出て下さい。

レボノルゲストレル(緊急避妊ピル)の価格は9000円(税込み9900円)です。

また、話は変わりますが保険診療のピルについての価格は再診料、処方料込みで以下のとおりです。

1ヶ月分処方 1回に2ヶ月分処方

(1ヶ月分あたり)

1回に3ヶ月分処方

(1ヶ月分あたり)

フリウェル配合錠ULD 1190円 880円 780円
フリウェル配合錠LD 1250円 940円 840円
ルナベル配合錠LD 1880円 1570円 1470円
ルナベル配合錠ULD 1950円 1640円 1530円
ドロエチ配合錠 1460円 1150円 1050円
ヤーズ配合錠 2560円 2250円 2140円
ジェノゲスト配合錠 2240円 1930円 1830円

超音波検査や採血等などがなく純粋にお薬を処方した時の価格です。このように1ヶ月毎の処方より、2ヶ月、3ヶ月分まとめての処方は患者様の金額的な負担も少なくすみ、通院回数の減少にもなります。

当院としても外来患者様の混雑を避けることに効果がありますので、なるべく2ヶ月、3ヶ月分ずつの処方をしております。どうしても1ヶ月分ずつの処方を希望される患者様は金額を比較してみて再検討の程、宜しくお願い致します。